2018年から仮想通貨に興味を持った人のためのナビゲートブログ

出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ

初心者向け仮想通貨

はじめて買う仮想通貨に「ETH(イーサ)」を強くおすすめしたいわけ

更新日:

はじめて買う仮想通貨に「ETH(イーサ)」を強くおすすめしたいわけ

はじめて買う仮想通貨は皆さん何にしましたか?
仮想通貨といえばビットコイン!と考え、とりあえず手に取ってみた方も多いと思います。

 

現状、ビットコインの持つ役割としては
店頭などで実際の貨幣の代わりとしてつかえる「実用性」や「決済機能」に目が行く方もたくさんいるはずです。

ビックカメラがビットコイン決済が出来るようになった!など聞くと、より仮想通貨な身近なものになりつつある、と感じると思います。

 

また、少しずつ仮想通貨の取引に慣れていくとどうでしょうか。次は「仮想通貨同士の売買」という所に目がいくようになると思います。

実際に、仮想通貨の売買をしていくうちに気がつくと思いますが、海外の仮想通貨取引所を使うと「ビットコインでないと買えない仮想通貨」というものがあることに気がつくと思います。

たとえば、仮想通貨を学ぶ上でそのうちいきつくであろう仮想通貨の「ADK」
これは現状、ADKマーケットという独自の取引所で「ビットコインでないと」購入が出来ません。

そう、ビットコインは仮想通貨同士をトレードするための基軸通貨として君臨しているわけです。

 

さて、特に初心者の方にビットコインの次にまず抑えたい仮想通貨が、
仮想通貨の時価総額2位に位置する「ETH(イーサ)」です。

 

まず、はじめにイーサ(ETH)を買うことを考えよう

仮想通貨は現在1,500種類もの数があると言われています。
仮想通貨の元祖である「ビットコイン」をはじめてとして、ビットコインを元に作られた仮想通貨や、ビットコインを改良して作られた仮想通貨、はたまた全く独自の仮想通貨など、それぞれの生まれた成り立ちもばらばらです。

また、ただなんとなく出現したような、実質無価値の仮想通貨があるのも事実です。

そのような中で、まず最初に手に取るべき仮想通貨はイーサ(ETH)であると申し上げたいと思います。

 

なぜイーサ(ETH)を買うことをおすすめするのでしょうか?ほかにもたくさん仮想通貨はあり、かつまだまだ単価の低いものが多くあります。

ともすると仮想通貨を始めたばかりの人や、仮想通貨の初心者は「上がり幅」に目が行きがちです。単価が1円に満たないコインが100円になれば価値は100倍です。1万円持っておけば100万円!!という夢は誰しもが思い浮かべることです。

また、単価の低いコインは何かトピックスがあれば、急激にその価値が跳ね上がることもしばしば。そのような単価の低いコインには「一気に儲かるロマン」があります。

 

一方で、単価の低いコインに意識をせねばならないのは

・一時的な単価の上下はあるが、長期的な成長が見込みづらい

・暴落などの不足の事態が発生したときに、尋常でない値下がりをする

というところです。

 

仮想通貨のイーサのシステムである「イーサリアム」は、『汎用型の仮想通貨プラットフォーム』としてその地位を確立しつつあります。

将来性や現状の規模からしても、はずせない仮想通貨銘柄としてイーサを挙げておきたいのです。

ほぼ大手の取引所で扱いがあり、ビットフライヤー、ザイフなどイーサを扱わない取引所はありません。

一方で、単価が高い印象もあるイーサ。先に述べたように初心者ほど、単価の低いコインに目がいきがちですが、このイーサは必ず抑えるべきです。

ここでは難しい・技術的な側面ではなく、なぜイーサに注目すべきなのかを説明していきたいと思います。

 

イーサ(ETH)とは?

イーサは仮想通貨の単位。システムとしての名称は「イーサリアム」です。

イーサリアムの特徴はユーザーが独自に設定・定義した契約を扱えるという「スマートコントラクト(賢い契約)」と呼ばれる機能を有したプラットフォーム(基礎システム)です。

 

イーサリアムが注目を浴びる理由は、「ユーザーごとが契約の内容を、独自に設定できる」という点です。

つまり、イーサリアムを使えば、決済業務や承認業務など、これまで人の手が入っていたものが、より効率的に、人的介入を抑えて履行できるのではと考えられています。

設定を独自に決められるという点から、極めて汎用性が高いものとして認められているからです。かつ、仮想通貨の初期にこれが生み出されたことから、現状の仮想通貨市場の一つのスタンダードとなってきています。

 

もちろん、イーサリアムは仮想通貨のメリットである非中央集権の体制の中で、契約を執行することが可能です

非中央集権、という言葉を聞いても少し分かりづらいですね。

 

たとえばツイッター社やアマゾン社のような一つの企業は中央集権型。大手社の銀行も同じような形です。銀行を例にとれば、A銀行の「決済・支払業務」は、1つの銀行が管理しています。これは中央集権型といえます。中央集権型は、すべてを自社が管理すること。また、自社内のコンピューターで物事を処理するスタイルです。

極論を言えば、中央集権型の処理は何かトラブルがあった時に非常に難解です。サーバー攻撃、倒産、天災など、一つの集約機関がなくなれば、そのシステムそのものが崩壊してしまいます。

 

これに対して、電子処理を「分散」することで処理を速めていくのが「非中央集権型」という考え方です。非中央集権、でありますから管理者は原則としていません。

イーサリアムは、その処理を「分散型」とする「プラットフォーム(基礎システム)」です。

おのおのが「イーサリアム」というシステムを用いて独自に契約内容を設定。契約内容というと、保険のようなイメージがありますから、契約ではなく「処理ルール」と言葉を変えれば、イーサリアムのイメージがわかりやすくなることでしょう。

・イーサリアムはシステム基礎である

・イーサリアムを用いると各々で契約(処理ルール)を自由に決められる

・処理は「分散型」である

⇒そのイーサリアムの契約を履行するに当たって用いられる仮想通貨が「イーサ(ETH)」ということになります。

 

イーサリアムを生み出したのは1994年生まれの「天才」

イーサリアムを生み出したのは「若き天才」と称される1994年生まれのヴィタリック・ブラウン氏です。

小学生の頃にはプログラミングを学んでいたという経歴を持ち、ビットコインに触れた後に19歳の時にイーサリアムを考案した、とされるまさに若き天才プログラマーです。

今日、ビットコインの次に位置し、そのうち1位の座を奪還してしまうのでは??とも評価されているのがイーサリアム。
イーサリアムの生みの親が、現在でわずか24歳になろうという「天才」であることから、マイクロソフト、アップル社がコンピューター技術の発展で一大勢力となっていったように、イーサリアムも大いに発展することが期待されています。

ビットコインの生みの親である「サトシ・ナカモト」と呼ばれる人物が、その存在が日本人なのか、一人の人間なのか、団体なのかもわからない正体不明の存在に対して(いまも全く判明しておらず、憶測を生むばかりです)イーサリアムについては、一人の人物が構築し、公に姿を現している。その点でも、世界の注目が集まっていると言えます。

 

イーサリアムは「まだ発展途上」

イーサリアムは合計で4段階のハードフォーク(アップデート)をされることが公開されています。

・フロンティア
・ホームステッド
・メトロポリス
・セレニティ

という合計4段階のアップデートが計画されており、この記事を執筆している2018年の頭の時点では、第三段階の「メトロポリス」という段階までアップデートが完了しています。

最終段階である「セレニティ」のアップデートは現時点では未定。
この段階を持って、イーサリアムが安定的に利用される環境に整うと説明がされています。

また、イーサリアムのセレニティの段階を持って、たびたび仮想通貨の処理として話題になる「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」と呼ばれる処理承認方法ではなく、「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」と呼ばれるものになっていくと説明がされています。

現時点で仮想通貨の総額2位の地位をイーサリアムは築いていることは説明の通りです。かつ、イーサリアムは「天才」が構築したシステムであることも述べたとおりです。

しかしながら、現時点でいまだ「発展途上」であるということはしっかりと抑えておかねばなりません。

 

すでにイーサリアムプロジェクトの参画企業がいる

イーサリアムが発展途上、である一方、このプロジェクトは多くの賛同を得ています。

イーサリアムのプロジェクトを支える「イーサリアム連合(Enterprise Ethereum Alliance)」というものが存在します。
このイーサリアム連合は17年の2月に発足され、BtoB(企業同士)のイーサリアム標準仕様を策定する組織とされています。

すでに、イーサリアムの企業での実用化を見据えて作られた組織、といって差し支えがないでしょう。

さて、日本でもこのEEAに加盟した企業がいるのはご存じでしょうか。
ここには「トヨタ」「三菱東京UFJ」など、日本のトップ企業がすでに参画を発表しています。
参考:トヨタ、三菱東京UFJなど国内6社、ブロックチェーン「イーサリアム」連合に加盟

 

ポイントとすべきはトヨタであったり、三菱東京UFJであったり、海外企業ではマイクロソフト、JPモルガンなどそれぞれが異なる業態であるという点です。

ここで先ほどに申し上げた「ユーザーが契約を設定できる」というイーサリアムの汎用性が生きています。

多くの仮想通貨がそのプラットフォームを「〇〇の用途として」と限定しがちな一方、イーサリアムはその母体・コアとしてなり得ることが可能です。

金融、産業、通信など、どのような使われ方をしていくかは今後のイーサリアムの発展次第です。現時点で多くの一流企業が、この開発の下支えになっているということは抑えておくべきでしょう。
今後、企業間の契約にイーサリアムの技術を用いた処理方法が生まれ、その決済・支払いの方法にBtoBでイーサ(ETH)が使われる未来というものそう遠くないのかもしれません。

 

イーサ(ETH)相場で安定感がある点が魅力

特に相場の上下が極端であるのが仮想通貨という市場です。
依然として、ビットコインなども一部の発行枚数に関する疑惑などもあり
(参考:仮想通貨「テザー」の疑惑が本当なら、市場が崩壊するかもしれない──信頼性を損なう“事件”が続発) 仮想通貨内の基軸通貨である一方、その地位はいつほかの仮想通貨に脅かされるかわかりません。

イーサの魅力は、相場で一定の安定感を持っている点です。
ビットコインを主体に、特に相場の暴落があった中でもイーサは比較的値崩れの波が穏やか、もしくは買い戻される(値段が落ちた後に、また値を戻すこと)が多い傾向にあります。

その点でも、初心者が複数仮想通貨を持つ際に、少なからず選択肢の一つとしてイーサを持っておくと、ご自身の資産は安定したものになっていくはずです。

 

 

イーサリアムベースの仮想通貨がたくさんある

仮想通貨のアルトコインを見ていくと、良く「ERC20」と書かれたものが見受けられると思います。
これは端的に言えば「イーサリアムのシステムを用いて、生み出された独自の仮想通貨」ということになります。

 

言ってみれば「イーサリアムの子どもたち」です。

すでに、ERC20と呼ばれる仮想通貨は数多くあります。
このERC20というのは一つの仮想通貨内の「規格」のようなものです。

このERC20の規格で発行された仮想通貨は、マイ・イーサ・ウォレットという暗号通貨保護ツールで一元で管理することが出来るのです。

 

【ウォレット】リップルやイーサの管理・保管方法に「ハードウェアウォレット」のすすめ

ウォレットについては、上記の記事を参考にしてみてください。
仮想通貨にもそれぞれ「規格」が存在します。たとえば、暗号通貨保護ツールのウォレットには、ビットコインやイーサリアムは保護できても、対応できない仮想通貨(たとえばXEMなど)があったりします。

 

この壁を取り払うのがイーサリアムのERC20の規格です。
あくまでも「イーサリアムベースであること」が前提となりますが、このイーサリアムの子供ともいえるERC20はウォレットで一元で管理出来るほかにもメリットがあります。それは「ERC20の他の仮想通貨は、イーサで買うことが出来る」という仮想通貨トレードの広がりを見せてくれる点です。

たとえば、個人的に非常に注目している仮想通貨がIXTという仮想通貨。
これは海外の取引所にイーサ(ETH)を送金すれば、ETH⇔IXTというレートで購入することが出来ます。

仮想通貨初心者が目を通すべき「草コイン」まとめ

IXTは過去に注目コインとしてまとめていますのでご覧ください。

 

この記事の冒頭に、ビットコインが基軸通貨になっていると申し上げましたが、すでにイーサリアムの子どもたちと言える仮想通貨がたくさん出てきています。

そのような点でも母体であるイーサリアム(イーサ)をおさておくことは極めて賢明な判断と言えるわけです。

 

まとめ

ここでは仮想通貨のイーサならびに、そのシステムであるイーサリアムをなるべく難しい言葉を使わずに「なぜ初心者がイーサを買うべきか」という部分に力点をおいて説明しました。
イーサリアムを超える仮想通貨や、あたらしいシステムが今度多く出てくる可能性は否定できません。また、イーサリアムそのものに何か不測の事態が起こる、という可能性も今の仮想通貨界隈では(すべての仮想通貨に共通して)言えることです。

 

それでも、その存在や価値が不透明な「よくわからない仮想通貨」に目を向けるよりも、まずその枝葉の「幹」と言えるイーサに仮想通貨初心者の方は注目してから、他の部分を吸収していくことをおすすめしたいと思います。

 

 

ブログランキングにご協力ください

この記事はブログランキングに登録しています。多くの仮想通貨ブログがリンク先にありますので宜しければクリックください。


仮想通貨ランキング

仮想通貨おすすめ記事

-初心者向け仮想通貨

Copyright© 出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.