2018年から仮想通貨に興味を持った人のためのナビゲートブログ

出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ

仮想通貨初心者の疑問

ビットコインは1万円分(小口)だけ買える、という話

更新日:

ビットコインってあれでしょ?100万円くらいするっていう・・・

昨今の仮想通貨のニュースにより、
多くの方がビットコインなどの仮想通貨銘柄をご存じかと思います

ビットコインが100万円を突破!!
などの話を聞くと、興味が湧く反面「100万円の仮想通貨なんてさすがに手が出ないなぁ」と感じてしまいますね。

しかし、ビットコインは
切り売りで買える
ということはご存じでしょうか???

 

 

仮想通貨は「1万円分」でも買える

最もイメージしやすいのは肉の切り売りです。
仮想通貨の取引に置いて、みなさんは小数点以下の仮想通貨単位での購入が可能です。

ビットコインを「0.01」という単位で購入することも可能です。

たとえばビットコインの通貨相場が100万円だった場合、
1万円分=0.01ビットコインという単位も可能です

無理して1ビットコイン!100万円分で買う!
など気張らなくても、余剰資金で投資が出来るという点で、仮想通貨の市場は盛り上がっているのです。

 

単価が低い仮想通貨は「100円分」でも買える

ビットコインは100万円クラスの仮想通貨ですが、ビットコイン以外にもたくさん仮想通貨はあります。

100円がいくらになったところで・・・という議論は置いておいて、
単価の低い仮想通貨であれば、100円分だけでも購入は可能です

 

たとえば、現在多くの仮想通貨の「基(もと)」となりつつある第二の仮想通貨「イーサ(イーサリアムプロジェクト)」などは、10万円程度の相場であります。これは1万円出せば0.1イーサという単位で買えます。
小数点が1つ減ると、ちょっと気持ちが高まりますね。

たとえば、日本初の仮想通貨である「モナコイン」については
おおよそ1モナコインあたり、500円前後の相場をうろうろしています

これは1万円で20モナコイン買える計算になります。
また、極端な話を言えば、0.2モナコインという切り売りで買えば
「100円分のモナコイン」が買えたということになります

 

 

1万円分の仮想通貨が、すぐに100万円になったりはしない

みなさんは「切り売り」で仮想通貨を買うわけですから、当然その価値も倍率で計算がされます
100万円のビットコインの相場が仮に200万円になった場合は、みなさんは「切り売り」で1万円しか購入していませんから、その価値は
(200万円÷100万円)×1万円=2万円にしかなりません。

つまり計算式としては

現在の価格÷購入時の価格×自分の購入した額面

ということになります。

よって、すぐに1万円等々の少額投資で億万長者になるなどと言うことはありませんので注意しましょう。

 

 

 

ビットコイン以外の「単価が低いコイン」ならチャンスがある??

では、100円や1万円から一気に百万円や一億円などの巨額の金額を手に入れるチャンスはあるのでしょうか??

 

たとえば、コインチェックの流出騒動で一躍名前が知られることになった「NEM/XEM」という仮想通貨は、2017年1月1日は0.43円/枚だったそうです。

それが一時、2018年1月7日は214円にタッチしました。

その倍率で言うと、497倍。

1年ちょっとの期間、たとえば一万円分購入しておいたら500万円近くまで膨れ上がった、と言うわけです。

なかなか大きく値上がりするコインを見極めることは難しいですが、当方なりにまだまだ大きく値上がりしそうな仮想通貨銘柄を選定しています。

注目すべき仮想通貨「ADK(Aidos Kuneen)」の買い方とは

まず直近で大きく個人的に期待しています仮想通貨のADKという銘柄。

 

第三世代の仮想通貨「Skycoin(スカイコイン)」に注目したい理由

そして数年時間がかかりそうですが、仮想通貨のSKY(スカイコイン)という銘柄にも注目しています。

 

以下の記事などと併せてご覧ください。

仮想通貨初心者が目を通すべき「草コイン」まとめ

 

 

仮想通貨おすすめ記事

-仮想通貨初心者の疑問

Copyright© 出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.