2018年から仮想通貨に興味を持った人のためのナビゲートブログ

出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ

未分類

ゆうちょ(郵便貯金)で口座開設できる仮想通貨取引所とは

投稿日:

ゆうちょ(郵便貯金)で口座開設できる仮想通貨とは

仮想通貨の取引を行う上で、なじみのある口座を使いたいと言う方もいらっしゃるでしょう。

そこで、ここでは「ゆうちょ(郵便貯金)」で口座開設出来る、仮想通貨の取引所をご紹介します。

 

ゆうちょ(郵便貯金)で口座開設は「ビットフライヤー」をおすすめ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer(ビットフライヤー)

やはりおすすめしたいのは、国内のビットコイン扱い量の最大手であり、なおかつセキュリティ・ファーストを掲げるビットフライヤーがおすすめでしょう。

ビットフライヤー社は「bitFlyer セキュリティ・ファースト」主義、を第一に掲げ、セキュリティ面・顧客資産保護に関する取り組みを推進している取引所の一つです。

株主についても、bitFlyer(ビットフライヤー)の公式ページを見れば分かりますが、「みずほキャピタル株式会社(みずほフィナンシャルグループ)」「三菱UFJキャピタル株式会社(三菱東京UFJグループ)」「SMBCベンチャーキャピタル(三井住友銀行グループ)」「第一生命」「三井住友会場キャピタル」「合同会社RSPファンド5号(リクルートHD子会社)」「株式会社電通イノベーションパートナーズ」などなど、一流企業のベンチャー向けグループ会社が多く株主になっているのがビットフライヤーです。

 

登録から入金までがスムーズに行けば、最短で平日で1、2日あれば仮想通貨の購入までたどり着くことが出来るのも魅力です。ゆうちょ銀行ユーザーの方もまずは確認すべき取引所と言えるでしょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer(ビットフライヤー)

 

 

取引を行うには ”本人名義の” ゆうちょ銀行の口座が必要

実際のbitFlyer(ビットフライヤー)の登録ページを見てみましょう。

まず、ビットフライヤーで口座開設を行うと、ビットフライヤー社から「三井住友銀行、もしくは住信SBI銀行」の個人専用口座が開設されます。

ビットフライヤーで開かれた口座に、本人名義の銀行口座から入金をする事で、ビットフライヤーで取引をする事が出来るわけです。

図解でわかる「ゆうちょ銀行の口座がどこで必要になる?」

イメージは上記のようなものとなります

①ビットフライヤーに口座開設の申請をする

②ビットフライヤーやユーザーごとに「ここに振り込んでね」という口座を割り当て

③ゆうちょ銀行などの本人名義の口座から②へ入金

⇒仮想通貨が買える!!

と言う流れになります。

 

ゆうちょ銀行(郵便貯金)で口座開設はビットフライヤーがおすすめ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer(ビットフライヤー)

国内最大手の仮想通貨取引所であるビットフライヤー社は、ビットコインの取引量が日本一の国内取引所です。直近でビットフライヤー社の加納社長のツイートにより、国内外の取引所でセキュリティが世界一クラス(10段階レートで7)の評価を受けたとのことです。

あくまでも国内のみではなく、世界比較で見てのセキュリティ・レーティングであることに注目したい所であります。

特にゆうちょでの口座開設のみならず、初めての仮想通貨の取引には、是非とも使いたい取引所の一つと言えるでしょう。

 

 

仮想通貨おすすめ記事

-未分類

Copyright© 出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.