2018年から仮想通貨に興味を持った人のためのナビゲートブログ

出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ

未分類

SBIが運営する仮想通貨取引所「VC TRADE(ブイシートレード)」の登録方法とは

投稿日:

あたらしい仮想通貨取引所「VC TRADE」がこの夏に運営開始

ここでは2018年に取引開始となる予定のSBIホールディングスが運営する「VC TRADE」について解説したいと思います。

 

見直される仮想通貨の「セキュリティ重視」「企業体質」

日本国内には多くの仮想通貨取引所があります。
昨今はコインチェック社のXEM流出騒動などもあり、仮想通貨のセキュリティ問題にそれぞれのユーザーは非常に敏感になっています。

ゼロから説明する「コインチェック事件」「JK17のホワイトハッカー」について

 

さて、今後仮想通貨の取引が改めて見直され、さらに技術革新面で活性化して行くに当たって、特に仮想通貨の「セキュリティ面」や「運営企業の信頼性」が重要視されていくでしょう。

【セキュリティ】最も信頼できる仮想通貨の国内取引所とは【安全性】

金融庁認可の取引所であっても、金融庁の指導が入るなどと言うケースもあり、今後もこの傾向は変わっていかないでしょう。仮想通貨の取引というものは額面も大きく、かつ一般ユーザー・一般投資家が多くある市場の中で、不慮の事故は当然排除していかねばならないからです。

 

「VC TRADE(ブイシートレード)」は金融大手のSBIグループが運営

さて、18年の夏に開業すると説明がされている、あたらしい国内の仮想通貨取引所が「VC TRADE(ブイシートレード)」です。この運営元は金融大手のSBIグループの子会社であるSBIカレンシーという企業です。

SBI社自身は「SBI銀行」という銀行業務も行っており、日々のセキュリティ管理は必然的に手厚く行っている企業であると言えるでしょう。

【残高不足防止】仮想通貨の即時入金に「住信SBIネット銀行」を開設しよう

大手金融社が運営する仮想通貨取引所ですから、安心・安全・セキュリティをうたった運用体制になるのではと期待が高まります。

 

「VC TRADE(ブイシートレード)」は現在登録業務を保留中

さて、本来は18年初頭に「VC TRADE(ブイシートレード)」は登録受付を行い、実際の運用も春頃には出来るのではと推測がされてきました。

しかしながら、先の金融庁の指導やセキュリティ部分の見直しなど、仮想通貨市場が荒れている環境もあり、その開業は18年夏、と告知がされています。

18年1月~3月の足下の仮想通貨市場は、厳しい地合いが続いているという現状もあります
「VC TRADE(ブイシートレード)」が正式に運用されるであろう夏については、少なからず仮想通貨取引の展望も変わっているはずで、今後の発表に期待が持たれます。

 

SBIグループは海外のHuobiグループとの提携は解消!しかし・・・

18年3月に入り、仮想通貨の海外取引所のHuobiグループとの提携を解消する、とSBIグループが発表しました。

Huobi(フオビー)グループとの資本および業務提携の取り止めに関するお知らせ

公式発表によると、上記のような理由でありますが、やはりセキュリティ面が重要視されていますね。一方で、すでにSBIグループが有しているセキュリティリソースで十分な対応が出来ると判断、とプレスリリースには説明がされています。「VC TRADE(ブイシートレード)」の開業に当たり、ここは金融グループたる絶対の自信がある点は非常に好感が持てる材料と言って良いでしょう。

 

徹底予想!「VC TRADE(ブイシートレード)」が扱う仮想通貨とは??

まず前提として、SBIグループはそのトップが仮想通貨扱い銘柄について、極めて無難な・もしくは健全な仮想通貨銘柄扱いを行いたい、と示唆をしています。

具体的にはビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、イーサリアムなどの超メジャー銘柄です。しかし、これだけでは差別化が出来ませんね。
ほかにアルトコインの扱いなどはないのでしょうか。

あくまでも筆者の予想ではありますが、「VC TRADE(ブイシートレード)」が扱いそうで『あろう』仮想通貨銘柄を記載します。

XRP(リップル)

ほぼ確定してる内容と思いますが、改めて。国内でも人気のあるXRP(リップル)は非常に扱いの可能性が高い銘柄として注目されています。というのもSBIグループはすでにリップル社と提携して、SBIアジアという関連会社を設立しています。

グループ企業の扱う仮想通貨、かつ国内で多くの取引所が扱う銘柄であることから、VC TRADE(ブイシートレード)において扱いが行われるのは嬉しい限りです。

ICON(ICX)

韓国で生まれた仮想通貨です。このICXの運用親会社にSBIが出資しているため、「VC TRADE(ブイシートレード)」の扱いなども将来的には行われるのではないでしょうか。

韓国発の仮想通貨ICON(ICX)が過小評価されている件

ICXについては上記の記事を書いていますのでご参考ください。

 

OMG(OmiseGo)

タイのOmise社が運用する仮想通貨です。タイと言われると不思議な気もしますが、実はここのトップは日本人です。OMGについては筆者も非常に注目している仮想通貨の一つです。ここもSBIグループのベンチャー向け子会社がパートナーシップを結んでいます。
「VC TRADE(ブイシートレード)」の扱いなども将来的には行われるのではないでしょうか。

投資すべき仮想通貨 OMG(OmiseGo/オミセゴー)の買い方&取引所解説

OMGについては別に記事を書きましたのでご覧ください。

 

大手社が続々と仮想通貨の取引所運営を検討中

SBIグループの「VC TRADE(ブイシートレード)」に限らず、現在あたらしい仮想通貨取引所が多く検討されています。

SBIグループ以外の仮想通貨取引所については、以下の通り別に記事としていますので是非ご覧ください。

18年春「アメブロ」が仮想通貨に参入!CAビットコイン(サイバーエージェントビットコイン)とは

こちらは「アメブロ」でおなじみのサイバーエージェント社が運営する仮想通貨子会社の記事です。

LINE(ライン)が仮想通貨市場に参入!取引所名は?独自トークンに期待

こちらは「LINE」株式会社が立ち上げた仮想通貨子会社の記事です。

仮想通貨おすすめ記事

-未分類

Copyright© 出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.