2018年から仮想通貨に興味を持った人のためのナビゲートブログ

出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ

未分類

注目すべき仮想通貨「ADK(Aidos Kuneen)」の買い方とは

更新日:

仮想通貨ADK(Aidos Kuneen)は「Aidos Kuneen Market」で買おう

仮想通貨ADK(Aidos Kuneen)に注目している方が多いと思います。

ADK(Aidos Kuneen)の特徴としては、むやみやたらな取引所の拡充をしていないという点です。

そのため、ADK自らが運営しているAidos Kuneen Marketでの購入に現時点では限られています。今後「カイシェン」と呼ばれるまだオープンしてない新しい仮想通貨取引所などへの上場も決まっているとの情報もあります。そのため、取引所の増加で価格高騰が見込まれるのが仮想通貨ADK(Aidos Kuneen)です。

 

Aidos Kuneen MarketでADK(Aidos Kuneen)を買おう

ADKを買うには、まず専用の取引所のAidos Marketに登録をして、そこへビットコインを送って購入します。

直近で、では、仮想通貨のADKはビットコインの送付&ビットコイン建てでしか購入ができません。


アルトトレードもどの通貨が良いかアンケートを取るなどADK側も対応を考えているようです。対応を待ちましょう。(2018年3月頭時点)

 

 

①Aidos Marketに登録をする

さて、ADKを買うには、まずAidos Marketに登録をしましょう。

https://aidosmarket.com/

にアクセスをして、「REGISTER」をクリックします

 

 

■名前とメアド、規約の合意にチェックを入れて再度「Register」を押す

この辺りは簡単だと思います。チェック漏れがないか確認しましょう。ブラウザによっては規約部分にチェックを入れると別タブが開きますが、要はADKの規約は必ず目を通して下さいと言うことです。ADKの規約には18歳未満の購入は不可など書いてありますので、グーグル翻訳などで目を通すようにしましょう。

登録を押すと、登録したメールアドレスに

・ADKが割り当てたユーザー番号

・ADKが割り当てたパスワード

がきます。画像などはないベタうちのメールですので見落とさないようにしましょう。

 

メールにあるユーザーネーム(番号)、パスワードを入力してログインボタンを押します

これでひとまずの登録は完了です。

 

 

 

②2段階認証をしよう

昨今問題になっているセキュリティ面でも必ず2段階認証は設定しましょう。

 

2段階認証のおすすめは「Google Authenticator」です。

Google Authenticator

Google Authenticator
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

国内取引所でも設定を強く推奨されていますので、大丈夫とは思いますが、ADK(Aidos Kuneen)を買いたい方でまだお持ちでない方はこれを機会にDLしましょう。

 

■2段階認証のやり方は簡単

2段階認証を選ぶタブが「Google Authenticator」であることを確認して

「Enable 2FA」をクリックします。

まず、シークレットコードは必ず控えます(紛失時に必要)

QRコード(画像は加工済み)を2段階認証アプリで読み込みましょう。

バーコード読み取りがうまくいかない場合は、シークレットコードを手入力することで登録が出来ます。

 

 

③ビットコインをADKマーケットに送金しよう

上のメニューからDEPOSITを押すと、ビットコインの送金用アドレスが表示されますのでこれを控えましょう。(コピペでOK)

 

さて、続いて、国内取引所からビットコイン(BTC)を送ってみましょう。

 

 

ADKマーケットにビットコインを国内取引所の「ビットフライヤー」から送ってみよう

ここでは

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer(ビットフライヤー)

からの送金方法を掲載しています。

 

今回は国内最大手のbitflyer(ビットフライヤー)から送ってみます。

ビットフライヤーにログインして、「入出金」をクリック。

 

 

①ビットフライヤーの画面からBTCご送付をクリックします

②ラベルは好きなものに設定します(ADKなどわかるように)

③ADKマーケットで表示されたビットコイン送金用のアドレスをコピペして「追加する」をクリック

 

 

 

①登録したラベルにチェック

②ビットコイン送付アドレスが間違ってないか確認

③送付BTC数量を設定

④優先度を設定

⑤暗証番号を入れて送付

これでADKマーケットへのビットコインの設定が出来ました。

⇒ADKマーケットへの入金が完了した段階で

「New Deposit Received (送金したBTC数)」

というメールが登録アドレスに届きます

 

ADKマーケットに送金が受理されたのちはADKマーケット内でチェックが行われます。

ステータスの所が「Pending(保留)」となったら、着金自体はしてますので安心しましょう。

これがCompleted(完了)になれば完了です。その横のConfirmations(承認状況)が5以上になれば完了となるようです。

ここまでで入金作業は終わりです。ようやくADKを購入しましょう。

ADKを購入しよう

上部の「TRADE-NOW」を押しましょう

 

すると大きく、「Last Price」と書かれた現在のADK相場が記載されています

 

①購入したいADK数を入力します(Amont to Buy)

②1ADKあたりに何BTC支払うかを決めます

これはいわゆる「指値」に当たります。先ほどの「Last Price」が相場ですから、駆け引きをしたいならばそれよりも下げて設定します。即決したいならばLast Priceの値を入力します。

③すると、取引手数料込みで支払うべきBTCが表示されますので、保有BTCを上回ることがなければ購入が可能です。

④OKなら「Buy ADK」を押しましょう

 

これで仮想通貨ADKの購入は完了です!!

お疲れさまでした!!!

 

 

仮想通貨「ADK(Aidos Kuneen)」の特徴

仮想通貨ADK(Aidos Kuneen)はtwitterなどでも多くの情報を発信するインフルエンサーが推奨している銘柄、と言うこともあり、このページにいらした方はそのような理由もありADK(Aidos Kuneen)に注目されていると思います。

ADKについての大きな特徴は
・DAG系通貨である
・極めて高い匿名性をもっている
・手数料がかからない

という3点です。

技術的な部分、送金メリットの点はもちろんですが、仮想通貨のADKの母体であるaidos kuneen財団はこの仮想通貨のADKについて明確な目的を掲げています

 

仮想通貨「ADK(Aidos Kuneen)」の目指すもの

ADKの目指すべきものは大きく以下の二つです

・オフショア銀行に向けたプラットホーム開発
・仮想通貨「ADK(Aidos Kuneen)」を連携させ、顧客の資産を国家の監視網から逃れさせ租税を回避する

・・・なんだかよくわかりませんね。

簡単に言えば、
・海外に口座を持っている人たちに
・高い匿名性を持って、手数料をかからず送金・出金が出来るようにする

こんな感じの所でしょう。

ところで「オフショア銀行」ってなんでしょうか??
オフショア銀行というのは「預金者の居住国外にある銀行」のことです。オフショアは沖合という意味を持ち、オフショア銀行は”海外の銀行”です。

ここにお金を預けることで
・プライバシーの保護(実質の隔離)
・低税率、もしくは租税
・金融的変動に対した保護
という点が見込めます。

仮想通貨「ADK(Aidos Kuneen)」はここにフォーカスしたプラットフォーム型仮想通貨ということになります。租税回避=税逃れというネガティブな印象が付きますが、自国内の情勢が不安定な地域や、資産分散と言う意味合いでオフショア銀行を用いるケースがあります。

どのようにオフショアを用いるかは利用者のモラリズムに委ねられています。創業者のリカルド氏はオフショアバンカーとして16年の経歴を既に有しており、決して違法行為を推奨しているのではなく、既存のオフショアとしての技術に仮想通貨技術を取り入れようとしている点に注目です。

 

仮想通貨「ADK(Aidos Kuneen)」が面白い所

とにかく創業者の足が速く、どんどんプロジェクトが具現化しています
・ケニアとタンザニアの2つの銀行の株式を取得
・オンラインカジノBitcoinRushでADKの取り扱いを開始

特にあっという間にオフショア銀行2つを傘下に収めようとしているスピード感に注目が集まっています。タンザニアの銀行の株式は16%を取得。ケニアについては20%の株式を取得済みとのことです。

 

ところで、ケニアとタンザニアというとアフリカの銀行です。
これだけ聞くと「よりにもよってアフリカ?なんで??」となってしまいますね。
オフショア銀行のメジャーどころはイギリス、シンガポール、香港などです。ここも説明しておきましょう。

ADKの良い所、それは「匿名性の高い通貨」「手数料がかからない」ということは書きました。

で、先ほど述べた「オフショア銀行」をターゲットとした仮想通貨というのがADKです。最近このオフショア銀行の間で、AEOIという制度を順守するようになりました。

日本語で言うとAEOI=非居住者に係る金融口座情報の自動的交換のための報告制度ということで、要は、氏名・住所(名称・所在地)、居住地国等を記載した届出書を出さないといけなくなっちゃったってことです。

これって”匿名性”って部分とかけ離れちゃいますね。
しかも多くの銀行では、確認作業が発生する分、人手が必要で事務手数料がかかるそうです。

そうなると
・手数料かかる
・なんかめんどい

という両面が問題点として出てくるわけです。

そこでADKが提携したのが、そもそもAEOIに入ってない国、つまり「非AEOIの国」の銀行というわけです。

さて、世の中にはどんな大富豪様がいらっしゃるか分かりません。
参考までに、このADKの創設者曰く、オフショア銀行の市場は32兆ドルあるそうです。

ここまで述べた

・DAG採用
・高い匿名性
・送金手数料無料
・オンラインカジノで使える通貨
・非AEOI銀行を傘下に
・オフショア銀行市場32兆ドルがターゲット

 

おのずと、大きなマーケットが相手であると言うことと、自国情勢のためのオフショア、資産保護のためのオフショアという側面からあくまでも合法であるという見方をするのが良いと筆者は考えています。

このような匿名通貨は他にもありますが、ことADKについては、非AEOIの国の銀行とパートナーシップを結ぼうとしているなど、先んじた対応が見ものです。そのため、簡単には規制できないのではというのが筆者の見方です。

 

ADKの購入はAidosMarketから

ご興味のある方は、Aidos Marketからの購入を是非検討してみてはいかがでしょうか。

https://aidosmarket.com/

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer(ビットフライヤー)

国内(円)からADKを買うには国内の取引所がおすすめです。このブログではセキュリティ面を優先した対応を行っているbitFlyer(ビットフライヤー)社の仮想通貨取引をおすすめしています。

【セキュリティ】最も信頼できる仮想通貨の国内取引所とは【安全性】

 

仮想通貨おすすめ記事

-未分類

Copyright© 出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.