2018年から仮想通貨に興味を持った人のためのナビゲートブログ

出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ

未分類

仮想通貨トレードの基本「より送金手数料を低くするには?」

投稿日:

海外取引所で仮想通貨銘柄を「少額」買いたい人のために

 

日本でも多くの仮想通貨銘柄が知られるようになりました。
特に仮想通貨のおすすめの銘柄はツイッターをはじめとしたSNSにその情報があることが多く、仮想通貨ユーザーは目移りしてしまいますね。

さて、仮想通貨銘柄の宝庫といえば「海外の取引所」です。

その際に、多くのサイトでは「まずビットコインを買って、海外取引所に送る」などのアドバイスをしています。

でもビットコインというと、ネックになるのは「送金手数料」です。

仮想通貨の送金手数料をもっと手軽に・低く抑える方法はないのでしょうか?

円 ⇔ ETHかBCH ⇔ BTC ⇔ 仮想通貨にしよう

BTC(ビットコイン)のネックはその送金手数料と送金詰まりと呼ばれる処理の遅さです。これを解消するためには、一度円から購入する場合は海外の取引所でも「ETH(イーサ)」や「BCH(ビットコインキャッシュ)を軸にするとスムーズに行きます。

 

①まず国内取引所で「ETH(イーサ)」や「BCH(ビットコインキャッシュ)を買おう

まずは円を仮想通貨に換えねばなりません。

特に単価の低いコインを草コインといいますが、これらの解説サイトで「ビットコインなどを購入して」と書いてあるものは無視して、一度「ETH(イーサ)」や「BCH(ビットコインキャッシュ)」を買ってみましょう。

というのも、ビットコインを直接海外取引所に送ると送金手数料が高くつくからです。

②「ETH(イーサ)」や「BCH(ビットコインキャッシュ)を海外取引所に送ろう

最も手数料がおさえられるであろう仮想通貨は「BCH(ビットコインキャッシュ)」が良いかと思います。よって、ビットコインキャッシュを軸にまずは検討してみましょう。
「ETH(イーサ)」を候補にしているのは、ETH(イーサ)で直接購入できる仮想通貨も多く存在しているからです。

特にイーサリアムベースのERC20という規格のコインを買う場合は、ETH(イーサ)を海外取引所に送れば多くの場合そのまま購入することが可能です。

はじめて買う仮想通貨に「ETH(イーサ)」を強くおすすめしたいわけ

 

③送った「ETH(イーサ)」や「BCH(ビットコインキャッシュ)」でBTCを買う

まず、送った「ETH(イーサ)」や「BCH(ビットコインキャッシュ)で直接、目当ての仮想通貨が買えないか確認をしてみましょう。

目的の仮想通貨がBTC建てでしか買えないということであれば、「ETH(イーサ)」や「BCH(ビットコインキャッシュ)」でBTCを購入することが必要となります。

ただし、例外として、取引所そのものがBTCしか受け付けてないというADKのような仮想通貨取引所(ADKマーケット)もあります。この場合は、おとなしくビットコインを買って送るしか方法はありません。

送った「ETH(イーサ)」や「BCH(ビットコインキャッシュ)」でBTCを購入し、そのまま購入したBTCで目的の仮想通貨を買いましょう。

 

④メリット:少額取引の場合は、送金手数料が安くすむ

海外取引所でトレードを行うわけですから、各取引所の取引手数料がかかります。
しかし、国内取引所でBTC(ビットコイン)を海外取引所に送ろうとすると、仮想通貨の取引手数料が相当かかります。

特にメリットとしては少額の取引の場合はこの方法が最も安くすみます。
巨額の取引の場合は、海外取引所のトレード手数料が「%」でかかりますので、最初からビットコインを買った方がお得と言うことになります。

仮想通貨おすすめ記事

-未分類

Copyright© 出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.