2018年から仮想通貨に興味を持った人のためのナビゲートブログ

出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ

未分類

投資すべき仮想通貨 OMG(OmiseGo/オミセゴー)の買い方&取引所解説

更新日:

仮想通貨OMG(OmiseGo/オミセゴー)とは

仮想通貨のOMG(OmiseGo/オミセゴー)はタイのオンライン決済の会社である「Omise(オミセ)」が手がける仮想通貨銘柄です。

読み方はそのままローマ字読みで「オミセ・ゴー」と言います。
オミセ?お店?とも言えるなじみのある発音ですが、それもそのはずOMG(OmiseGo)を手がけるOmise社はそのトップが日本人なのです。

 

OMG(OmiseGo/オミセゴー)の目指すもの・目的とは

タイを中心に東南アジアの決済手段として、OMG(OmiseGo/オミセゴー)の発展が期待されています。
依然として、東南アジアではクレジットカードの決済手段の普及が少ない水準にあります。
というのも、これは銀行口座の開設に当たり、多くの資金が必要であるためです。
このため、クレジットカードのみならず銀行口座の保有率も低いものと言われています。

これに対して、スマートフォンユーザーの保持率は高いため、OMG(OmiseGo)は特にスマートフォンユーザーに対して、スピーディーかつセキュリティレベルの高い決済方法として利用されることを目的としています。

OMG(OmiseGo/オミセゴー)のメリット・ポイントとは

OMG(OmiseGo/オミセゴー)の魅力は、法定通貨と仮想通貨の変換がスムーズに行うことが可能とのこと。

例をとれば
円→仮想通貨→ドルなどの変換も可能になるようです。

つまり、国際送金というよりはほぼ両替機能を持ったブロックチェーン型プラットフォームと言えそうです。

多くのものが国際送金、つまりBtoBの利用目的に主眼が置かれていますが、OMG(OmiseGo/オミセゴー)に関して言えば、より我々一般消費者に近い位置に歩かそう通貨と言えそうです。

しかしながら、少なからず、この「決済型プラットフォーム」の仮想通貨プロジェクトはいくつか見ることが出来ます。OMG(OmiseGo/オミセゴー)が何故ここまで注目されるのでしょうか。

OMG(OmiseGo/オミセゴー)のここがすごい「ファンダが強い」

出典:https://omisego.network/

OMG(OmiseGo/オミセゴー)の最大の強みは日本の金融機関が出資を行っている点です
具体的にはSBIフィナンシャル、三井住友グループです

日本人がトップのCEOに君臨しているということも大いに起因していると思われます
主要拠点こそはタイではありますが、我々日本にとってもOMG(OmiseGo)が身近な存在になる可能性があります。

ファンダ(資金源)が強い=暴落しにくい

特に2018年1月~2月に関しては、仮想通貨市場が大きく下落するという事態に見舞われました。
このような状況の中でもOMG(OmiseGo/オミセゴー)はその価格をいったんは下げつつも、その後すぐに回復しています。

SBIや住友グループの金融機関がバックについているということから、投資家の買い支えがあるという点が推察されます。また、おそらくファンダからも一定の買い支えがOMG(OmiseGo/オミセゴー)に関してはあるのでは、と推察されます。

 

OMG(OmiseGo)は大きな値上がりよりも「堅実タイプ」

先に述べたファンダが強い通貨は、値下がりもない分、瞬間風速のような爆発的な値上がりも見込めないのが現状ではあります。

一方で、仮想通貨市場の逆境でも耐え忍ぶだけのパワー、もしくはじわじわと上げていく底力がありますので、ご自身の仮想通貨の保有銘柄の一つとしてOMG(OmiseGo/オミセゴー)を持っておくと安心感が増すことでしょう。

OMG(OmiseGo)の値上がり予測「SBIの日本国内取引所が扱うか?」

OMG(OmiseGo/オミセゴー)に出資をしているSBIグループは2018年の夏に日本国内の仮想通貨取引所を立ち上げることが確定しています。

仮想通貨の扱い銘柄は明かされていませんが、先般のSBIトップの発言から、立ち上げ時の扱い銘柄は堅実なものを予定しているそうです。

顧客の信用あっての金融機関ですから、扱う仮想通貨も無難なものにまとまることでしょう。
逆に言うと金融機関のSBIが扱う仮想通貨=信頼性のあるものという見られ方をする可能性が高いということです。

繰り返しとなりますが、SBIグループはOMG(OmiseGo)に出資をしています。
つまり、この出資の絡みで、仮にSBIグループが自身が立ち上げた仮想通貨取引所でOMG(OmiseGo/オミセゴー)を扱うということになったらどうなるでしょうか。

こうなると、OMG(OmiseGo)は一気に手の届かない銘柄になる可能性があります。
あくまでも仮説ではありますが、今の段階でOMG(OmiseGo)を保有していくのは良い選択と言えるでしょう。

 

OMG(OmiseGo/オミセゴー)はイーサリアムベースの仮想通貨

OMG(OmiseGo/オミセゴー)はイーサリアムベースの仮想通貨です。
そのため、すでにイーサを保有していれば海外の取引所でも購入がスムーズに出来ます。

はじめて買う仮想通貨に「ETH(イーサ)」を強くおすすめしたいわけ

また、イーサであれば、すでにイーサリアムの基準であるERC20の仮想通貨対応のウォレットも使用可能です。

【ウォレット】リップルやイーサの管理・保管方法に「ハードウェアウォレット」のすすめ

 

OMG(OmiseGo/オミセゴー)の購入方法

OMG(OmiseGo/オミセゴー)は海外の大手取引所のバイナンスで購入が可能です。

まず、日本国内のビットフライヤーやZaif等々で口座を開設した後に、イーサ(ETH)やBCH(ビットコインキャッシュ)などを購入します。

その後、バイナンスに送金し、OMG(OmiseGo/オミセゴー)を購入してみましょう。

 

 

仮想通貨おすすめ記事

-未分類

Copyright© 出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.