2018年から仮想通貨に興味を持った人のためのナビゲートブログ

出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ

草コイン

仮想通貨初心者が目を通すべき「草コイン」まとめ

更新日:

仮想通貨初心者が目を通すべき「草コイン」まとめ

ここでは特に仮想通貨の初心者が目を通すべきアルトコインや草コインをまとめてみました。
ともするとアルトコインの多くは
「決済スピードが速い」などなどの決済型に目が行きがちです。

通貨としての実用価値やシステム部分での実用価値、企業との提携状況など、プロダクト=結果が見えやすいものとして求めがちなのが仮想通貨です。

ただし、このような考え方で仮想通貨を見ていますと、正直言って相当に目移りします。
結果として急激な相場の上下に耐えられず、考えもなく売りに走ってしまう(狼狽売り)などを引き起こしてしまう可能性もあります。

そこで、ここでご紹介する「草コイン」は何かしらの尖りがあるものを選定しています。
上がる価値は全くありませんが、要点と併せて記載しますので是非お目と押し頂くのが良いかと思います。

 

■仮想通貨にこれから入る人のために

仮想通貨といえば、17年12月に発生した大暴騰をはじめとした
「投機としての値上がり」に注目したいところです。

一方で、仮想通貨バブルなどともいわれていく中で
主要な仮想通貨(コイン)はもうこれ以上上がることはないのでは??

と感じられている方も多いと思います。

そこで昨今注目を浴びているのが、草の根の仮想通貨といわれる、通称「草コイン」と呼ばれる仮想通貨たちです。

ここでは、今後上がり幅が注目される草コインやマイナー仮想通貨を中心にその銘柄をご紹介します。

 

投資は自己責任で

ここで掲載している仮想通貨は、まだ注目度が浅くあり、価格変動も大きく上下しています。ゆえに、18年1月の大暴落時に価格を維持した仮想通貨というものは、全体部分を見ても皆無に等しいのが現状です。

あくまでも筆者が「この仮想通貨はなぜ注目するのか」という点に力点を置いています。
また、依然として仮想通貨界隈は、その開発がストップしてしまったりすることも多々あります。

また、初心者投資家があふれたことで「詐欺」と言われるものが多くあるため、ご自身の判断での購入をお願いします。

SNSなどで「コイン名+scam」で調べることも必要

scamというのは、「詐欺」という意味の単語です。
火のないところに煙は立ちません。最低限、気になった銘柄はツイッターなどでも「$コイン名 scam」などで調べてみましょう。たとえば、(今更詐欺はありませんが)ビットコインであれば

$BTC scam

などで調べ、海外勢の反応がどのようなものか確認してみましょう。

 

では、おすすめの仮想通貨です。

 

iXLedger(IXT)

BtoBの「再保険」に目を向けたプロジェクト。英国の一大仮想通貨となるか。

仮想通貨界隈でも、ここしばらく「補償制度」というものが大きくクローズアップされています。
最も日本内でもショックが大きかったのが、大手仮想通貨取引所の「コインチェック」のハッキングによるNEMの流出騒動です。

これにより、ハードウェアウォレットなどの以降も注目をされ、仮想通貨のセキュリティ・自己保管・自己管理が見直されています。

さて、まずコインチェックの騒動があったときに「自己保険」という単語が思いついた方もいるはずです。企業が火災に遭えば火災保険があり、地震が起きれば地震保険があり・・・

そのような「保険事業」の、特にBtoB(企業&企業)の保険事業に目をつけたのがIXTというブロックチェーンプロジェクトです。

「保険会社」が大きな案件を請け負った場合。
たとえば保険額が大きすぎて、逆に『保険額が支払えない』などの自体も想定できますね。
そのようなリスク回避の方法として、

保険を請け負った企業が、さらに保険会社に保険をかけること

これを「再保険」と言います。
この再保険事業のもっともたるところが「イギリス」のロイズ市場。

ここには、50社を超える保険業者が集まると言うまさに「市場(いちば)」と呼べるポジション。

最大の市場でありながら、それぞれが得意不得意の分野を持ち、なおかつ伝統を重んじ、フェイストゥフェイスで未だ業務を行っています。

つまり、人件費がむちゃくちゃかかっているということです。

ここに

ブロックチェーン技術を差し込んだらいいのでは??

とできあがったのがIXTというプロジェクトです。

◎IXTの現状
・企業向けの「再保険」事業
・世界大手の保険会社Gen Re社と提携を発表
・ツイッターで創設チームが定期的にBtoB向けの講演会などの情報を発信

現状の、ツイッターなどの動きを見る限りスキャム(詐欺)である可能性は低そうというのが個人的な主観です。

プロジェクトのターゲティング、ビジョンなどが明確である点と
それに対して時価総額が低い、まだまだ注目されていない銘柄であることから注視していく必要があります。

 

 

スカイコイン(SKY)

プロジェクトは「新たなネットワークの創造」。台風の目となるか。

〇特徴
・PoWやPoSではなく独自アルゴリズムを採用
・マイニング行為そのものを排除
・供給量は固定(発行上限あり)
・ビットカードはもちろん、クレジットカードよりも高速なトランザクション
・無制限のトランザクションレート
・VISAカードを超える処理速度
・SKYWireという次世代インターネットの構築を目的としている
・低消費電力

イーサリアムやネムなどの第二世代コインを更に超える「仮想通貨3.0(第三世代)」と位置づけられている仮想通貨。
現状はプラットホームとしてのプロジェクト進行のみ。

スカイコインという仮想通貨と併せて、
独自ネットワークのスカイワイヤーというものを開発しているプロジェクト。

スカイコインは具体的に公式動画ではVISAの処理速度を上回る速度、と説明されている高速処理が可能。またビットコインやイーサリアムが用いるPoW、PoSなどのアルゴリズムやマイニングを排除した独自システムを構築。

 

驚異的なのはすでにそのスカイワイヤーと呼ばれるノード(中継ポイント)のプロトタイプまで作成を終えてしまっている点。
開発重点でプロモーションや用途が後回しになっているので明らかに異質です。

プロジェクトが「新しいネットワークインフラ」という壮大な物になっているため、どうもつかみづらいのが難点。

また、独自システムという点から、WPの進行が遅いのも懸念事項ではありますが、明らかに異端児と言っていいでしょう。

 

ブログランキングにご協力ください

この記事はブログランキングに登録しています。多くの仮想通貨ブログがリンク先にありますので宜しければクリックください。


仮想通貨ランキング

仮想通貨おすすめ記事

-草コイン

Copyright© 出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.