2018年から仮想通貨に興味を持った人のためのナビゲートブログ

出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ

仮想通貨初心者の疑問

バレるのか?仮想通貨の確定申告をしなかったらどうなるか

投稿日:

2017年度の仮想通貨の確定申告、3月15日まで

2017年1月1日~2017年12月31日までの利益にかかわる確定申告の期日が迫りつつあります。

確定申告の期間は、2018年2月16日~2018年3月15日までです。この日までに国税庁のサイト等で書類入力をし、支払うべき税金を算出。

3月15日の期日までに納税まで終わらせる必要があります。

 

 

仮想通貨の確定申告、しなかったらバレる?

さて、仮想通貨を始めた方で、これまで副業等々をしていなかったという方も多くいらっしゃるでしょう。

気になって調べた方は

どうも確定申告、というのを20万円以上の利益が出たらしないといけないようだ。

という所までは理解できたと思います。

 

そして、ふと気になったことは

・一般庶民が、たまたま17年に得た利益も確定申告しないといけないのか?

・仮に仮想通貨の利益を確定申告「しなかったら」バレるのか??

ということでしょう。

「これまで払ってないのだから…」

「一人ひとりの個人まで払う必要があるわけない」

「そもそも、17年に得た利益は18年頭の投資で使いこんでしまった」

などなど、それぞれのご事情があると思います。

 

そもそも仮想通貨の確定申告に関する事例が少ない

そもそも論として、2017年は仮想通貨が急激に盛り上がった年です。

確定申告するほどまでに利益を得た人もこれまではほとんどいなかったと思います。それゆえ、ネット上を調べても、どうも確定申告までにこぎつけた人が少ない。特に昨年2016年度の確定申告をした、しない、という情報は無いに等しいのが現状です。

確定申告をしました!と急に報告を始める人が増えてきて

「あれ、これは本当にしないとヤバイのかな??」と焦り始めた人もいるでしょう。

実際問題として、仮想通貨で一定額以上の利益を得ていたにもかかわらず、確定申告をしなかったら、どのようにバレるのでしょうか??

 

 

結論:秋頃に、税務署から「お尋ね」が来るかもしれない

仮想通貨で得た利益は「雑所得(ざつしょとく)」という区分になることはご存知かと思います。

そして、この雑所得が適用されるもっともわかりやすいネット上での利益があります。

 

アフィリエイトです。

 

アフィリエイトであれば、多くの方が理解できますね。

ブログやサイトに広告を載せて、売れればその売上の数%が利益としてブログやサイト主に入ると言うものです。

このアフィリエイトによる収入も、一般的には雑所得という扱いになります。

 

一度、仮想通貨収入における確定申告で不安になった人は寝る前に

仮想通貨 確定申告 しなかったら

などというキーワードでスマホで検索するのではなく

アフィリエイト 確定申告 しなかったら

というワードで検索をするべきでしょう。

すると、出るわ出るわ「税務署からお尋ねが来た」という言葉が見て取れるはずです。

 

税務署からの「お尋ね」は茶封筒で突然やってくる

当方は、健全なアフィリエイト運営をしていますので、実体験ではありませんが、調べてみますと税務署からの「お尋ね」は茶封筒でやってくると言われています。

ある日、いつものように帰宅しいつものように郵便受けを開けました。すると、ピザのチラシなどに混じって見慣れない茶封筒が1つ、入っていたんです。

「なんだろうこれ?」表に書かれていた差出人は「◯◯税務署」

税務署からの郵便封筒でした。とりあえず封筒を開けてみると、税務調査がしたいので連絡をくれ、という内容でした。

引用:突然税務署から・・・アフィリエイトと税金

 

茶封筒に入った1通の書類が入っています 本当に突然なので連絡等も当然ありません、そもそも中身はA4の紙が1枚だけ 肝心の中身を要約すると・・・

あなたは申告していない収入がありませんか?もし間違いだったら申し訳ありません 以下の3つから選択して下さい

こんな感じ(ちゃんとその他で意見を書く欄もある新設設計。。)はい、滅茶苦茶焦ります

引用:税務署から税金のお尋ねが届いたらどうなるのか?しかも無申告(実体験)

 

「はい。税務署の上位機関である国税局には電子商取引部門という専門チームも置かれています。チームは年中、お金の動きなどを見張っています。

所轄の税務署でも、情報技術専門官といわれるインターネットビジネスに強い調査官の育成に力を入れています。税務調査の仕方も、年々高度になってきているんですよ」

引用:ネットで手軽に稼げる「アフィリエイト」で申告漏れ――なぜ税務署にバレてしまうのか | ニコニコニュース

 

確定申告の無申告は、何故バレるのか??

アフィリエイトについては広告の仲介業者、つまりASPと呼ばれる企業がいます。当然、ASPからのアフィリエイト収入については、銀行口座同士の振り込みです。

そこで、税務署からASPに対して、たとえば「一定額以上の振り込みをしている人物について情報を開示してほしい」と頼めばあっという間に判明してしまうのではと言われています。

 

仮想通貨も、銀行口座間のやり取りである以上、バレる可能性は高い

仮想通貨の入出金にはみなさん当然、ご本人名義の銀行口座を登録していると思います。たとえば、私が税務署の人間であれば

「100万以上の口座振り込みをしている人間」などリストアップしてもらえばあっという間ですね。この手法があるかどうかまではあくまでも憶測ですが…。

アフィリエイトなどと違って、仮想通貨の17年度終わりは一気に「億り人」を生み出しました。それゆえ、税金を取る側の人間からすれば税収の格好の的です。

それゆえ、仮想通貨の確定申告はしなくてもバレないかもしれないというのは非常に危険な考え方であるとお伝えしたいと思います。

 

仮想通貨の確定申告は2018年3月15日まで

改めて仮想通貨の確定申告は2018年3月15日までです。ここまでに申告と納税までを終わらせないといけません。

このページを見て不安になった人はいますぐご自身の収益を見直してみましょう。

やり方がわからない!という方は仮想通貨というキーワードよりも「アフィリエイト 確定申告 やり方」などのワードで検索されることをおすすめします。

仮想通貨おすすめ記事

-仮想通貨初心者の疑問

Copyright© 出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.