2018年から仮想通貨に興味を持った人のためのナビゲートブログ

出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ

未分類

【セキュリティ】最も信頼できる仮想通貨の国内取引所とは【安全性】

投稿日:

注目される仮想通貨の「セキュリティ問題」

2018年1月26日に発生した、「コインチェック騒動」は多くの人に衝撃を与えました。

仮想通貨のXEM(報道ではプロジェクト名の「NEM」とも)が580億円流出した事は、多くの仮想通貨投資家や一般のユーザーに打撃を与えています。

 

仮想通貨そのもののセキュリティは既にこのページをご覧になっている方はご存知でしょう。仮想通貨は基本的に改ざんや変更が出来ないものになっています。

なぜ金融庁をはじめとした報道が、依然として沈静化しないかというのは、不正流出した仮想通貨以上に「取引所そのもののセキュリティ問題」がクローズアップされているからです。

 

繰り返しますが、仮想通貨「そのもの」はハッキングや改ざんはできません。

今回の、コインチェック騒動は、「銀行が金庫のカギを盗まれた」といってもいい内容です。ネットバンキングでたとえれば個人のアカウントに侵入されて、どこかに送金してしまったと言うのが一番わかりやすいでしょうか。

つまり、取引所のセキュリティ(安全管理)がしっかりしていればまずは第一に防げた問題ということです。

一方で、取引所がしっかりしていても取引所が「こういう設定を各ユーザーごとにしてね」と取り決めたガイドラインが存在します。それは別の記事で少しずつ説明して参りましょう。

 

取り急ぎは「仮想通貨の取引所のセキュリティ(安全管理)がしっかりしているのはどこか」という部分にこの記事では焦点を当てます。

ここではおすすめの企業を1社(18年2月時点)掲載させて頂きました。

・これから仮想通貨をはじめようかな?でも安全な所ってどこ?

・仮想通貨って危なくないの?セキュリティは?

・安心して仮想通貨の取引がしたい!

という方は是非とも参考にしてみてください。

 

セキュリティで見る仮想通貨取引所1位:ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer(ビットフライヤー)

やはり1位は国内最大手の取引所であるビットフライヤー社です。

ビットフライヤー社は「bitFlyer セキュリティ・ファースト」主義、を第一に掲げ、セキュリティ面・顧客資産保護に関する取り組みを推進している取引所の一つです。

株主についても、bitFlyer(ビットフライヤー)の公式ページを見れば分かりますが、「みずほキャピタル株式会社(みずほフィナンシャルグループ)」「三菱UFJキャピタル株式会社(三菱東京UFJグループ)」「SMBCベンチャーキャピタル(三井住友銀行グループ)」「第一生命」「三井住友会場キャピタル」「合同会社RSPファンド5号(リクルートHD子会社)」「株式会社電通イノベーションパートナーズ」などなど、一流企業のベンチャー向けグループ会社が多く株主になっているのがビットフライヤーです。

また、銀行との連携も厚く、つい先日、三井住友銀行と新しい情報交換システムの導入を行ったばかりです。

上記の内容そのものは、セキュリティというよりはよりスピーディーな通信を行うためのものですが、実際の国内の銀行と技術的な情報発信がなされるとよりセキュリティに類する信頼感というものも増しますね。

 

ビットフライヤー社のセキュリティレベルが評価されている

国内最大手の仮想通貨取引所であるビットフライヤー社は、ビットコインの取引量が日本一の国内取引所です。直近でビットフライヤー社の加納社長のツイートにより、国内外の取引所でセキュリティが世界一クラス(10段階レートで7)の評価を受けたとのことです。

あくまでも国内のみではなく、世界比較で見てのセキュリティ・レーティングであることに注目したい所であります。

 

こちらは2014年に公開されたビットフライヤーの企業紹介動画です。すでに今回の騒動が始まる前の、仮想通貨の市場が形成される前から「コールドウォレット(オンライン管理ではない保管)」を明言している点からも、以下にセキュリティファーストで動いているかがわかるでしょう。

 

日本円の盗難時は500万円まで保証

ハッキング等で、万が一預け入れをしていた日本円が流出してしまった場合は、一定額の補償を行うという補償制度が設けられています。上限は約500万円の残高まで(預かり総資産が100万円を超え、2段階認証を設定してユーザーのみ)注意すべきは、あくまでも

・日本円が盗まれた場合に限る(仮想通貨の流出は対象外

・2段階認証など、ビットフライヤー社の取り決めに従い、セキュリティ管理をユーザーがしていた場合に限る

という所です。一度ビットフライヤー社の規約をご一読いただくのが良いかと思います。

この内容を見て、「仮想通貨が盗まれても保証しないのか」というお声もあるでしょう。前提として、セキュリティ主義の企業であると言うことと、また、仮想通貨の保護には後述するような「自身の管理体制」が一定レベルでは必要になってきます。

よって、おそらくではありますが、オールマイティに全ての保証が出来る取引所というのは、国内外探しても存在しないのではないかと思います。

繰り返しますが、ビットフライヤー社自身は、セキュリティファーストを掲げていますので、まずここを拠点として、ご自身の仮想通貨におけるセキュリティまわりを学んでみるのが良いでしょう。

 

一度は目を通したい「bitFlyer社のセキュリティファースト表明」

こちらについては、先日の仮想通貨流出騒動を受け、改めてbitFlyer社が公式見解として、一般・メディア向けに公開をしています。

参考:「bitFlyer セキュリティ・ファースト」主義、及びセキュリティ・顧客資産保護に関する取り組みについて 

※ビットフライヤー社公式ページのPDFへ直接リンクとなります

このような点からも仮想通貨の取引所としては、まずbitFlyerが良さそうです。

 

仮想通貨の取引所のおすすめを見ると「手数料の安さ」に目がいきがち

手数料の安い所が悪いわけではありませんが、昨今の仮想通貨のセキュリティ問題がある中で、もっと基本的な部分に一度目を向けてみることをおすすめします。

というのも、確かにビットフライヤー社は手数料やスプレッドと言われる売り買いのマージンのようなものが他所と比較すると「高い」とよく言われます。

そして筆者も実際に、ビットフライヤー社はちょっと他所と比べると取引を頻繁に行う上ではもったいないなぁと感じる面もあります。

 

しかしながら、改めて昨今の状況を見直すと、「会社が安心した取引を提供するための費用」として一度冷静に考えてみる必要があるのではないでしょうか。

・その仮想通貨取引所は安心して取引できそうか?

・事業に当たり、提携企業や後ろ盾になりそうな企業はあるのか?

・セキュリティ第一をその企業は掲げているか?社風としてどうか?

なども我々は見ていく必要があると言えるでしょう。

 

ビットフライヤー社は取引開始までが早い!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー社は顧客から預かった資金について、よりセキュリティ第一である企業です。一方で、ユーザビリティにも気を使っているのか、取引の開始自体は非常に直感的に行うことが出来ます。

仮想通貨の取引に当たり、国内取引所のアカウント開設を複数行っていくことは悪いことではありません(取引所に通貨を預けっぱなしにさえしていなければ良いのですから)

まずは主要取引所の一つとして、ビットフライヤーの口座開設を検討してみてはいかがでしょうか。

 

仮想通貨おすすめ記事

-未分類

Copyright© 出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.