2018年から仮想通貨に興味を持った人のためのナビゲートブログ

出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ

GMOコイン ザイフ(Zaif) ビットフライヤー 仮想通貨の国内取引所

まずはここから!初心者おすすめの仮想通貨取引所トップ3【2018年版】

投稿日:

連日の仮想通貨の報道などから、2018年の今から仮想通貨の取引を始めようかな?とお考えになった方もたくさんいるはずです。

2018年から仮想通貨をはじめても十分間に合う

2017年に一気にメディアに取り上げられるようになった仮想通貨。特に、「億」の単位を稼いだという「億り人(おくりびと)」と呼ばれる存在がメディアにも取り上げられるようになってから、多くの人が仮想通貨市場に参入しようとしています。

 

一方で、先行者利益という言葉があるように、いくつかの声として「もう仮想通貨を始めるのは遅いのでは?」「仮想通貨は先に始めた人勝ちなんでしょ?」などという声も多くあります。

いま、仮想通貨をはじめていない人が持つ

2018年から仮想通貨を始めても間に合うの?

という疑問と問いに関しては

「いまから仮想通貨をはじめても十分に間に合う」

とお伝えしたいと思います。この話についても記事中でお伝えしたいと思います。

ここでは、仮想通貨の取引にあたり、2018年おすすめの仮想通貨取引所3つ

・仮想通貨取引所おすすめトップ3

としてそれぞれ解説したいと思います。

なお、この記事では、2018年から仮想通貨を始めると言う方に向けて、一部は仮想通貨銘柄記事へもリンクを掲載しています。ただし、ご紹介のおすすめ仮想通貨銘柄についてはご紹介の国内の取引所で購入できるものと限定します。海外の取引所で買える仮想通貨銘柄のおすすめは別記事でまとめたいと思います。

 

仮想通貨の買い方を整理しよう

仮想通貨の買い方、というのは実は非常に簡単なものです。

実は、今全く仮想通貨を始めたことがない人も、平日などの取引所の処理時間がスムーズにいけば、2、3日で仮想通貨の保有(購入)までは出来るのです。

厳密には、本人確認などの時間があり「送金」「出金(再度日本円に戻す)」などにはおおむね1週間~10日程度の時間を要しますが、それでも

2、3日で仮想通貨がゼロからでも買える

というのは仮想通貨を2018年から始める人にも嬉しい話であると思います。

仮想通貨の購入までのプロセスは極めて簡単です。

  1. 仮想通貨の取引所で口座開設
  2. 取引所に日本円を入金
  3. 好きな仮想通貨銘柄を購入

わずかこれだけで仮想通貨の購入は出来ます。また、仮想通貨の国内取引所では手数料や取扱銘柄がそれぞれ異なります。よって、仮想通貨を2018年から始める人におすすめしたいのは「複数の取引所の口座を併用する」ということです。

それでは、さっそく、おすすめの国内取引所をご紹介しましょう。

 

おすすめの仮想通貨国内取引所「ビットフライヤー」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

改めて見直されるセキュリティ問題に強い取引所。日本円の盗難時の補償制度もあり。※条件あり

特に、2018年から仮想通貨を始めようとしている方が心配をするのが、先日のコインチェック騒動にもあったハッキング被害でしょう。

ゼロから説明する「コインチェック事件」「JK17のホワイトハッカー」について

コインチェック事件については以前記事にしましたので合わせてご覧ください。

さて、昨今取りざたされるのが取引所のセキュリティ問題です。仮想通貨のシステムそのものは、改ざんが出来ない仕様になっています。日本円を預けて取引をする「市場(いちば)」のような位置づけにあるのが、国内の仮想通貨取引所です。

ビットフライヤー社のセキュリティレベルが評価されている

国内最大手の仮想通貨取引所であるビットフライヤー社は、ビットコインの取引量が日本一の国内取引所です。直近でビットフライヤー社の加納社長のツイートにより、国内外の取引所でセキュリティが世界一クラス(10段階レートで7)の評価を受けたとのことです。

 

また、ハッキング等で、日本円が流出してしまった場合は、一定額の補償を行うという補償制度が設けられています。上限は約500万円の残高まで(預かり総資産が100万円を超え、2段階認証を設定してユーザーのみ)注意すべきは、あくまでも

・日本円が盗まれた場合に限る(仮想通貨の流出は対象外)

・2段階認証など、ビットフライヤー社の取り決めに従い、セキュリティ管理をユーザーがしていた場合に限る

という所です。一度ビットフライヤー社の規約をご一読いただくのが良いかと思います。

ビットフライヤーの扱い仮想通貨銘柄

ビットフライヤーといえば、大手取引所でありながら、比較的仮想通貨の取扱数量が少ないことでも有名です。

2018年2月現在、取り扱われている仮想通貨は、合計で7種類です。

・ビットコイン(BTC)

・イーサ(ETH)

・イーサリアムクラシック(ETC)

・ライトコイン(LTC)

・ビットコインキャッシュ(BCH)

・モナコイン(MONA)

・リスク(LSK)

厳選された銘柄となっているため、比較的マイナーなアルトコインも扱われない取引所となっています。

 

おすすめの仮想通貨国内取引所 ザイフ(Zaif)


Zaif
アルトコインXEM(NEM)の扱いあり。取引所スタイルで手数料は抑えめ。

ビットコインはセキュリティやプラットフォームを手厚くしている中で手数料が高めなのが難点。対比として用いられるのがザイフ(Zaif)です。

ザイフの売りは販売所ではなく、売り買いをユーザー同士で行う取引所スタイルのものを主軸としています。

 

ZaifはNEMのカタパルトである「mijin」の開発に協力している企業

仮想通貨プロジェクトに「NEM(ネム)」というものが存在します。コインチェック騒動で一躍有名になった仮想通貨です。

このNEMについては、2018年度のうちに大型のアップデートが予定されています。その内容が「mijin」と呼ばれるカタパルトを装填すると言うもの。

このNEM×mijinプロジェクトの「mijin」の開発をしているのが、ザイフの運用元であるテックビューロ社。mijinの完成をもって、「2018年までに金融機関のインフラコストを1/10未満に削減すること」をミッションに掲げています。

プロジェクトに参画しているいわば中の人ともいえるポジションにある取引所がザイフです。そのため、取引所のザイフはXEM(NEMの仮想通貨名称)が比較的安価で取引がされているのは魅力の一つと言えるでしょう。

 

 

2018年から始める初心者でも安心!「積立」が出来る取引所

ザイフといえば、もっともメジャーなのは「積立投資」が出来ることです。

簡単にいえば、月1万円の予算を仮想通貨に裂く場合、1万円を1か月の日数割で日々自動的に購入してくれます。

2018年は特に仮想通貨の相場変動が1月以降著しく、はじめて仮想通貨を2018年から始める方にも特におすすめしたいのがザイフの積立投資です。

仮想通貨初心者は「Zaif積み立て」が無難?チャートに縛られない仮想通貨積み立て投資

これについては、過去に記事を書きましたので合わせてご覧ください。また、投資にオススメしたいのはイーサ(ETH)という仮想通貨です。

はじめて買う仮想通貨に「ETH(イーサ)」を強くおすすめしたいわけ

同様に、積立投資を含め「仮想通貨って借金とか負わないの?」とご心配の方は、以下の記事をご覧ください。

仮想通貨初心者の疑問「仮想通貨で借金を負うことはあるの?」

 

3位:おすすめの仮想通貨国内取引所 GMOコイン


コールドウォレット&マルチシグ対応のセキュリティを順守。大手社運営の取引所。

大手社のGMOグループであることから、まず一定の信頼が置けると言ってよいでしょう。

先般のコインチェック騒動以降、セキュリティに関する声明を発表しております。2件のリリースがありますので一度目を通しておくとよいかと思います。

GMOコインの顧客資産保護体制について

顧客資産の分別管理

やはりセキュリティの対応が問題視されていく中で、このような率先した対応が出来る企業があると安心感があります。

日本で有名なリップル(XRP)などの仮想通貨扱いもあります。

 

今後取引所をおすすめする上で、注視されるのは「セキュリティ遵守」

特に今後注視されていくのは、取引所自社のセキュリティであり、ユーザー本位のセキュリティであると考えます。

手数料が安かったり、キャンペーンで何かが無料だったりなどなど、単一的にみれば良い所のある仮想通貨取引所はたくさんあります。

しかしながら、仮想通貨の取引所をおすすめしていく中で注視したいのが前述のセキュリティ面。

取引所をおすすめする上で、いろいろ見ていくと、ちょっと「怪しい」ところが結構あります。怪しいというのは取引所の本質ではなく、いくらかザルのようなゆるさがあるのです。

たとえば、ユーザーセキュリティの一環である”2段階認証”を最近になってようやく実装した取引所などは、ヘタにおすすめはできません。とうの昔に実装していて当然だと思うからです。また、ログインした際に、時間の経過で自動ログアウトがされなかったり、怪しいIPアドレスからのログインを警告してくれなかったり…取引所としておすすめしづらい所が多々あるのも現状です。

 

まだまだ国内の仮想通貨取引所自体も不安な部分が多々あるのが実情。そのような中、今後企業がどのように対応していくか、仮想通貨の初心者ユーザーに対してもどのようなアナウンスをしていくのかを注視していくべきでしょう。

仮想通貨おすすめ記事

-GMOコイン, ザイフ(Zaif), ビットフライヤー, 仮想通貨の国内取引所

Copyright© 出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.