2018年から仮想通貨に興味を持った人のためのナビゲートブログ

出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ

仮想通貨初心者の疑問

仮想通貨初心者の疑問「仮想通貨で借金を負うことはあるの?」

更新日:

仮想通貨をこれからはじめようとする方は、そのリスクについて理解をしてから参入をする必要があります。
何もわからずに「儲かるだろう」と参入すると、気がついた時にご自身の資金を大きく損失しているという可能性も否定できません。

特に、これから仮想通貨をはじめる初心者の皆さんが一番気になるのは、
仮想通貨の取引で「借金を追うことはあるの??」ということではないでしょうか。

 

仮想通貨取引を「現物(現金)」で行えば借金は負わない

結論をいえば、
現金で購入した場合は、資金分以上借金を追うことはない
ということになります。

たとえば、仮想通貨を現金で1万円分購入した場合は、この資産がゼロにはなる可能性はありますが、マイナス(借金)になることはありません。ゼロになる可能性は否定できませんが、元々購入した価格を割って、借金を負う、もしくは手数料等々を支払わないといけないと言うことはありません。

 

なにかわかりやすい例を挙げてみましょう

たとえば、100万円で宝石を買ったとします。
それがたとえば、偽物だった場合。この場合、100万円の価値がゼロになることはあります。ただし、自分は100万円でその宝石を買っただけですから、そこからマイナス(借金)を追うことはありませんね。

仮想通貨の購入もこのようなイメージとなります。現金の予算分購入する限りは、借金を負うことはありません。

 

仮想通貨は、いわば現金に「両替」しているようなイメージです。
ただ、繰り返しとなりますが、ご自身が手に入れた仮想通貨の価値が「ゼロ」になる可能性は否定できません。逆に言えば、ゼロになる可能性も、10倍にも100倍にもなる可能性はあります。
そのため、仮想通貨の銘柄は良く吟味して購入するのが良いでしょう。

 

ただし、「やり方次第」でマイナス(借金)になることも??

先ほど、仮想通貨で資産以下のマイナス(借金)を追うことはない、と申し上げました。しかしながら、ある手法を用いると、マイナス(借金)に転じることがあります。

それは「お金を借りて」もしくは「先物取引に手を出して」仮想通貨の取引を行った場合です。

当然と言えば当然です。ご自身の予算以上にお金を借りて、仮想通貨の価値が元本を割れば、当然マイナス(借金)となります。

仮想通貨の取引には大きく分けて以下の買い方があります

 

■仮想通貨の取引は

・現金とイコールでトレードする(現物取引)
・クレジットカードで購入する
・信用取引でトレードをする

という複数の取引があります。

何度も申し上げるとおり、仮想通貨初心者の方は、現金とイコールで取引をすれば問題ありません。現金で取引をすることを「現物取引」を別名で呼びます。これがもっとも安全で、確実な取引となります。

 

■クレジットカードで仮想通貨の購入をした場合

問題はたとえばクレジットカードで前借をして仮想通貨を購入したにもかかわらず、購入時よりも価値が下がった場合。

これは、当然元本を割った上に、クレジットカードの請求が後からきますから、実質借金(マイナス)を追った、という意味合いと同義になります。

 

■仮想通貨版の信用取引(FX)取引を行った場合

証拠金と呼ばれる元本を元手に、数倍の額面取引が出来ます。

つまりは、証拠金を元に借金をする、というイメージの取引形態です。これを「レバレッジ」と呼びます。

良く聞く、FXと呼ばれる市場トレードはこの方法が手法。ただし、FXは「外国為替市場」の意味合いです。便宜上、仮想通貨版FXトレードと呼んだりもしますが、正確には仮想通貨の信用取引とするのが正しいでしょう。

「先物取引」とも意味合いが異なり、先物取引が将来の価格を予想した取引形態で、おもに輸入・輸出など日数を要するものにも用いられます。現在の価格を元に、短期間のトレードをするものは、仮想通貨の信用取引、もしくは外国為替のトレード(FX)ということになります。

 

これらは元本(証拠金)を元に、数倍の金額の取引を行いますから、大幅にマイナスが出た場合は、借金となる可能性があります。追加保証(追証)などの取引目は仮想通貨の取引所により異なりますから、仮想通貨の信用取引を行いたい方は事前に確認をしましょう。

 

 

仮想通貨の価値の計算方法を整理しよう

ご自身が持った仮想通貨の計算方法は、

購入したときの仮想通貨の枚数×現在の仮想通貨1枚の価格

という単純明快なものです。

例として、1万円で仮想通貨Aを購入した場合を考えてみましょう。
具体的に仮想通貨名も挙げてみます。

 

ケーススタディ 現金で仮想通貨LSK(リスク)を1万円分購入した場合

国内最大の取引所である、ビットフライヤーで人気の仮想通貨の「リスク(LSK)」という銘柄があります。

このリスクは2018年2月頭で1リスクあたり、3,500円相場(3,500円/LSK)です。
※最新の相場は上記となります

ということは、1万円分リスクを購入した場合。

1万円÷3,500円=約2.86枚(LSK/リスク)

が購入出来ると言うことになります。
2.8LSKが手元に残るわけですね。

 

■たとえば、2月に3,500円/LSKで2.86LSK購入したが、数か月後に5,000円/LSKになったら…

その後、リスクの価値が上がり、仮に1リスク=5,000円の値段がついたとします。
その場合は、手元には2.86LSKがあるわけですから、2.86LSK×5,000円=14,300円の総資産になると言うことです。

やった!14,300円の利益だ!ではありません。元々1万円の予算をかけていますから、その分を差し引いた分が利益となります。

今回の場合は、元々10,000円だった予算が、14,300円の価値になりました。

よって、差し引いて4,300円のプラスということになります。

 

■たとえば、2月に3,500円/LSKで2.86LSK購入したが、数か月後に5,000円になったら…

逆に、リスクの価値が1リスク=2,000円まで下がってしまった場合。
その場合は、手元には2.86LSKがあるわけですから、2.86LSK×2,000円=5,720円の総資産になると言うことです。

今度は逆ですね。元々の資金は1万円ですからこの場合だと、4,280円のマイナスになってしまいました。

とはいえ、元々は1万円だったお金が5,720円になったわけですから、あくまでも現金で購入した場合は借金にはなりません。

元々の1万円をベースに、ゼロになるか、プラスになるか、マイナスになるかという話だけですので、借金を負うなどということはありませんので、そこは勘違いをしないようにお願いします。

上記の例に当てはめると、
1リスクが仮にゼロ円になってしまった場合は
2.86LSK×0円=0円です

 

ケーススタディ 資金を超えて仮想通貨LSK(リスク)を購入した場合

一方で、信用取引などの事例を用いると大きく異なります。

たとえば、もともとの資金が50万円しかないのに、クレジットカード、もしくは信用取引で100万円を借りた場合はどうなるでしょうか。この場合は、事情が変わってきます。

元々の資金は50万円で、借りた分が100万円。総資金を150万円としてリスクを購入。この場合、約428.57LSKが手元にあることとなります。

ところが、LSKが一気に暴落。仮に1LSK=1,000円に仮になってしまったとしましょう。その場合、もともと150万円あったものが、およそ42万円の総資産になってしまいます。

もともと借りていた100万円は当然返さねばならず、加えて元本も約8万円のマイナス。手元には42万円しかありませんから、42万円-借りていた100万円=借金58万円(マイナス)を追うこととなってしまいました。

もちろん、そうならないように、信用取引では「ロスカット」というここまで相場が崩れる前に強制決済されるシステムがあります。

クレジットカードなどで仮想通貨を購入してしまった場合は、現金をかき集めてくる必要が出てきてしまいますね。

 

当然逆のパターンもありますが、特に初心者のみなさんは現金(現物)取引でトレードを行いたいものです。

 

仮想通貨初心者の方ににオススメしたいのは「積立投資」

仮想通貨初心者は「Zaif積み立て」が無難?チャートに縛られない仮想通貨積み立て投資

たとえば、月にかけられる予算が一万円程度であるとすれば、1万円÷30日の日数割で毎日自動的に指定の仮想通貨を購入してくれる「Zaif積立」というものがおすすめです。

相場の上下にかかわらず、日割りで一定額を購入してくれますからかなりストレスフリーに仮想通貨の購入が出来るおすすめの方法です。

当然こちらは現金での積み立てとなりますので、極力マイナスや借金などの恐ろしい事態になりたくない、リスクを負いたくない方に向けた「ほったらかし投資」といえるものでしょう。

 

なお、主要コイン/仮想通貨の取引のみが可能です。おすすめはイーサ(ETH)という仮想通貨ですので以下の記事も合わせてご覧ください。

はじめて買う仮想通貨に「ETH(イーサ)」を強くおすすめしたいわけ

 

 

仮想通貨おすすめ記事

-仮想通貨初心者の疑問

Copyright© 出遅れた人が2018年から始める仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.